不登校 引きこもり 子供のストレス障害支援センター
NPO輝け元気! 225-0001 横浜市青葉区美しが丘西2丁目
入会案内・資料請求 お問い合わせ
今、苦しんでいるあなたへ 子供との接し方に悩んでいる方へ
大門隆からのメッセージ 活動の目的 卒業生の声 心の救命カウンセリング 輝け元気とは

トラウトクラブ

サバイバルではない

「輝け元気!」のキャンプは
「傷つきくたびれた心を癒(イヤ)す時間と空間」です。
「サバイバル(生存競争)」ではありません(笑)。


でも本格的なキャンプです。
火をおこし、テントをたたむまでその火を絶やしません。
その火でお湯を沸かしたりご飯を炊いたり、料理をしたりします。
火をおこし火を使うと言うことが本格的なキャンプの条件です。
夜キャンプの火を見ていると、何か不思議な気持ちがしませんか?
経験ないですか?


キャンプの火は、人間が初めて人間になったときの事を思い出させるようです。
テントを張ることが多いですが、冬場を中心に
バンガローやインディアンのゲルというテントを利用することもあります。
いずれにせよ、すごく楽しいですよ。ほんとうに楽しい。


このほかに、夏は北海道やアラスカでテントを張ることがあります。

それから冬スキーに行くこともあります。

また冬は、アラスカにオーロラを見に行くこともあります。

今検討しているのは、冬、南の島に行ってみようかという話です。



WECの柱は3本あります。

・「キャンプ」という生活自体を楽しむこと

・「心を見つめるトレーニング」をすること

・「仲間を作り友達を作る」こと

簡単に言えば、火をおこし、仲間と同じ釜の飯を食い、色々なことについて語り合い、
瞑想トレーニングで自分の心を見つめるということです。
これを繰り返して行くわけです。

なぜキャンプ活動なの?

自分がなぜ不登校なのか?なぜ引きこもりなのか?その訳を説明できますか?
多くの人がうまく説明できないのではないでしょうか。
色々な事が起きてそのことの整理がつかないまま、また色々なことが積み重なって、

一言で言えば、
「うまく説明が出来ないんだけれど、僕(わたし)はくたびれてしまったんだ」
ということではないですか?

「輝け元気!」のウィークエンドキャンプに参加して、
1.まず、キャンプを楽しめる自分を再発見してください。
2.次に、「心を見つめるトレーニング」で、自分を理解する練習をしてください。
3.最後に、仲間を作り友達を作っていろんな事を話し合える間柄になって下さい。


この三つを続けていると「なぜ自分がくたびれてしまったのか」が見えてきます。
それが分かってくると、あなたの心の元気は輝き出します。

この三つのことをいっぺんに実現しようとすると、実はキャンプしかないのです。
だから「キャンプ」なのです。
われわれ「輝け元気!」のスタッフはキャンプで、上記三つの事のお手伝いをします。

輝け元気 TOPページへ | 入会案内・資料請求 | サイトマップ | 運営と後援 | プライバシーポリシー | お問い合わせ

NPO 輝け元気 運営本部:〒225-0001 横浜市青葉区美しが丘西2丁目
Copyright ©2011 All Rights Reserved.