不登校 引きこもり 子供のストレス障害支援センター
NPO輝け元気! 225-0001 横浜市青葉区美しが丘西2丁目
入会案内・資料請求 お問い合わせ
今、苦しんでいるあなたへ 子供との接し方に悩んでいる方へ
大門隆からのメッセージ 活動の目的 卒業生の声 心の救命カウンセリング 輝け元気とは

初めてお越し頂いたみなさまへ

ここに初めてお越し頂いたみなさまは、お子さんが「不登校」となり、それへの対処の仕方に悩み苦しんでいらっしゃる方でしょう。あるいは、身内でなくとも身近に「不登校児」の存在があり、友人として、教師として、あるいは援助者として「不登校」を知りたいという方々もいらっしゃるでしょう。

ようこそいらっしゃいました。

有り難うございます。

私どもは「子どもに対する働きかけ」と「親御さんに対する働きかけ」という異なった領域で、それぞれ明快な理論とノウハウを持っています。ぜひ、私どもの学校復帰へ向けた取り組みを参考にしてください。

輝け元気!とは

「輝け元気!」は、大門隆の長いボランティア活動を経て、2000年からNPOとして独自の活動を積み上げて参りました。

主な活動

子ども相談コーナー「駆け込み寺」での無料相談
(年間200件、通算3,000件以上)

我が子の「不登校への対処を知りたい」という
親御さんのための無料面談(通算3,000件以上)

親のためのスクーリング付き通信講座
「めだかのがっこう」

不登校のお子さんご本人の
「こころの救命カウンセリング」

「子どもの生の声」を伝える広報活動

※このホームページの特色として、多くの「子ども達の生の声」を数多く掲載しています。特に、「輝け元気!アーカイブス」では、現に悩み苦しんでいる子ども達の声をなるべく編集を加えずに紹介しています。ぜひ、参考にしてください。


2000年からの「学校復帰者」は200名を超えています。(2015年6月末現在)

特に、親のためのスクーリング付き通信講座「めだかのがっこう」を始めた2013年から、毎年、継続的に二ケタの学校復帰者を輩出し続けています。

輝け元気!は、なぜ高率の学校復帰者を出し続けられるのか?

不登校のご本人のカウンセリングも、ご両親のコーチングも、初面談から学校復帰まで一貫して大門隆(ダイモン タカシ)が担当します。カウンセリング定員は12名です。

詳しくは略歴をご覧ください。

※申し込みをしたけれども、誰がカウンセラーになるのか会ってみなければ分からないということはありません。

定期/定時のカウンセリング

カウンセリングは1年間を通して(夏、冬、春の休みは除く)45回、毎週〇曜日の〇時からという定期で日時を取って行います。

※カウンセリングに行って、終わると次回の予約を取るという形は、生活リズムが取りにくく効果が限定的です。カウンセリングは定期/定時が基本です。

「不登校マップによる」原因別の対処法

日本初の「不登校マップ」により、お子さんが「なぜ不登校になったのか?」から、学校復帰への道筋を明らかにしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

※不登校を原因別に6群(A群~F群)に分け、それぞれに異なる対処法を明示して、お一人お一人に個別のカウンセリングを行っています。

「認知行動療法」によるカウンセリング

高校生までの不登校については、効果の薄い「傾聴法」を行っていません。「認知行動療法」
にもとづく個別のメニューを学校復帰まで実施しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

※2000年のNPO化から不登校児の「性格タイプ」に着目して、豊富な「学校復帰事例」を蓄積し、
独自のプログラムを作っています。

親のためのコーチング「めだかのがっこう」が基本

不登校児へのご家庭での対処を根本的に変えて頂くためのスクーリング付
コーチング講座『めだかのがっこう』が大きな成果を挙げています。

詳しくはこちらをご覧ください。

※お子さんがカウンセリングを受ける、受けないにかかわらず、
親子関係を変えることが学校復帰に向けた大前提です。

悩みや疑問はこちらから

どんな悩み・疑問をお持ちですか? 今苦しんでいる君へ

悩み苦しみ希望を見いだせないご本人に

不登校って何?どうして我が子が?

我が子の考えても見なかった事態に戸惑う方へ


親としての自分に問題が?

我が子に愛情を感じられず苦しむお父さん、お母さんへ


親のオープンカウンセリングルーム
最新情報

主催者主催者 大門隆
(ダイモン タカシ)
1951年
東京大田区生まれ
慶應義塾大学文学部
哲学科 卒
詳しい話はこちら→

運営本部:〒225-0001
横浜市青葉区美しが丘西2丁目

NPO概要
プライバシーポリシー
賛助金の募集について
運営と後援
リンク
サイトマップ

FAQ
・カウンセリングの時間や回数は?そして期間は?
・地域的にはどの辺の方が見えているのですか?
・何歳くらいの子供が多いのですか?
・小学校低学年の子にカウンセリングは有効ですか?
・アスペルガー症候群と言われたのですが・・・・・。
・どんな悩みが多いですか?
・非行少年、非行少女は預けられますか?
・もっと詳しく知りたい!・・・「入会案内」

その他、Q&Aはこちら>>


輝け元気の基本姿勢

  学校へ行けなくなったら学校へは行かなくていい
むしろ、学校へは行かない方がいい

行けば心が痛むだけ
無理をすれば本当の病気になってしまう
学校だけが勉強の場所じゃない

もう君に学校は必要ない。
でも本当でしょうか?
どこかおかしいと思いませんか?
「輝け元気!」はこう考えています。
学校(社会)へ行けなくなったら 学校(社会)へ無理して行ってはいけない。
だれしもくたびれ果てる時がある 心ゆくまで休みなさい。

でも、人は永遠に同じじゃない。 つらさが永遠に続くわけがない。
一生疲れているはずもない。

だれしも体が成長するように だれしも心は成長する
君の元気はまた輝く!

そうしたら学校(社会)なんて苦でもない

 

それを信じて、「輝け元気!」の門をたたきましょう。いつでも大歓迎です!

入会案内・資料請求

電話相談やカウンセリング活動などを通して不登校や引きこみリにお悩みのあなたを支援します!

「輝け元気!」は、不登校や引きこもりをはじめ、様々なストレス障害に悩む子どもやその親御さんを、メールや電話相談とカウンセリング活動を通じて支援しております。社会に出ることが出来ずに悩んでいる若者も含まれます。
また、学校を休みがちだったり、家に閉じこもりがちな人や、摂食障害などに悩んでいる人もぜひご相談下さい。
あなたが本来持っている「輝く元気」を取り戻すのが何よりの目的です。学校への復帰や社会参加は、その結果として自然について来るものだと当支援センターは考えています。
「学校や社会に出られなかった!」そんなことが信じられないような日々が必ずやってきます。それを信じて、「輝け元気!」の門をたたきましょう。いつでも大歓迎です!
不登校や引きこもり、ストレス障害でお悩みなら、ぜひ当支援センターのカウンセリングをお受け下さい。

輝け元気 TOPページへ | 入会案内・資料請求 | サイトマップ | 運営と後援 | プライバシーポリシー | お問い合わせ

NPO 輝け元気 運営本部:〒225-0001 横浜市青葉区美しが丘西2丁目
Copyright ©2011 All Rights Reserved.